付則5

付則5.清掃

 

 

(1) 清掃は,個々人が自分の周囲(机の上や足元など)について責任を持ってこまめに行う.なお,部屋全体での清掃は,各部屋の備品・清掃係(B4)が中心となって行う.また,実験室の清掃は使用する班が責任を持って行う.

 

(2) 各部屋のゴミ捨ては,各部屋の備品・清掃係(B4)が定期的に行うが,個々人が責任を持って,各施設にて指定された分別方法(燃えるゴミ,燃えないゴミ,空き缶・ビン,ペットボトル,危険物,資源ゴミ等)に従って分別を行う.

ただし,以下のごみを捨てる際には注意すること.

・特殊な廃棄物(電池,ガラス,ビン等)は所定の場所に分別して捨てる.

・廃液の処理については以下の手順で行う.

①予め環境保全センターで廃液ごとのポリ容器を借りる.

②廃液は流しに捨てず,ポリ容器に入れる.

③ポリ容器は研究室に放置せず,責任を持ってセンターに持ち込む.

・食品に関するごみ(弁当の空容器など)は廊下のゴミ箱に捨てる.

Responses to “付則5”

  1. No comments yet.

コメントを残す