エンプラ委員仕事マニュアル

エンプラ係
エンジニアリング・プラクティスの授業の取りまとめを行う。

(1)年間スケジュールを組む(教授の参加する回は日程的に参加可能か確認を行う/M1の担当回を割り振る)

(2)エンプラで使う教材に不足がないか確認し、必要ならば購入する。

(3)夏休みの課題を出し、回収する。

(4)授業
・必要な備品を用意する(プロジェクターなど)
・出席を取る(学期末に教授に報告する)

(注1) 配布プリントは教員室のプリンターで印刷する。

(注2) B3各自の立て替えは、まとめて三カ月以内に秘書に提出する。
領収書を必ずもらうこと。宛名は「早稲田大学基幹理工学部表現工学科尾形研究室」
品名は、詳細に記入する(◯◯などは禁止)
裏には、学籍番号・氏名・学年を記入する。